セッション日記 レイキ伝授

2020.08.15 Saturday

0

    本日は臼井レイキ第一段階の伝授をしました。

    クライントさんは20代前半の男性。先日多次元キネシオロジーのセッションを受けていただき、今回はレイキの伝授で予約をいただきました。多次元キネシを受けようと思うきっかけになったのが、変わりたい、自分を高めたい、何をすべきなのか分からない等、セッション前のカウンセリングで伺い、その中からセッションテーマとしていくつか挙げていただき、最終的には潜在意識(筋反射)で最優先課題を決めてセッションしました。そのセッションの調整法の一つとして頭部にレイキを流しました。おそらくそのクライアントさんに取っての初めてのレイキ体験だったと思われます。帰宅されてから筋肉痛の足に手を当てたら痛みがなくなったとメールをいただきました。既にレイキが使えるようになっているのではないかと。もちろんレイキで自分や他人をヒーリングするには伝授が必要で、そのクライアントさんがそう感じたのは多次元キネシオロジーの調整法としてレイキを体験し、もしかすると元々持っていた氣のパワーが活性化されたのではないか、と返事をしたのでした。

     

    そんなことがあってかレイキの伝授を受けたいとメールをいただき、双方の空いてる日時を摺り合わせ決まったのが本日8月15日。

    一般には終戦記念日ということになるのでしょう。

     

    そんなことは全く意識もせず、午後にそのクライアントさんが来院され、先ずは講習からスタート。テキストにそってレイキの歴史を説明している時に、はっ!と一瞬息を呑んだ。本日8月15日はレイキの創始者、臼井甕男先生の誕生日じゃないか!全く忘れていた自分も恥ずかしいが、この日にレイキの伝授を受けるって凄いことですよ!ってクライアントさんに熱く語ってしまいました(笑)。

     

    伝授を挟みながらセルフヒーリングの仕方を詳しく説明しました。第一段階では初めてレイキのパイプが通りレイキを使えるようにはなりますが、まだまだ不安定なので直ぐに他者にヒーリングすると言うより、ご自身に手を当て、自分を癒すことが最初の課題となるとお伝えしました。そうする事によってレイキのパワーが安定するだけではなく、ご自身をヒーリングし、いろんな能力、感覚が開花することにもなるとご説明しました。レイキはヒーリングの手法でもありますが、自己成長を多いに助長する素晴らしいツールでもあると思います。そういう話をしながら無事伝授も終了し、最後にレイキのフルセッションをしました。伝授の後にセッションをするのは伝授で新しい高度なエネルギーがクライアントさんの身体に入ったので、少しでも早く馴染むよう調整するために伝授後は必ずセッションをするようにしています。また同時にクライアントさんの心身の状態やバランスもチェックしエネルギー調整しました。

     

    全ての工程が終了した後のクライアントさんの顔がスッキリ晴れやかになっているのが印象的でした。伝授前とはすっかり変わったご様子。既に変容が始まっているのでしょう。

     

    そのあとは雑談しながらオラクルカードでメッセージをもらいながらしばし寛ぎ、帰宅されました。

     

    これから毎日セルフヒーリングをされ、次にお会いする時にどんな風に変わられ、更にいい表情、エネルギーで来院されるのかな、と楽しみになりました。

     

     

    レイキはもう古い、なんてことはありません!個人的には今も変わらず素晴らしいヒーリングメソッドだと確信していますし、他のいかなるヒーリング、エネルギーワーク、そして自己成長、自己ヒーリングの基礎となる必須のものだと思います。

     

    ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

     

    レイキの伝授、セッションについての詳細はホームページをご覧ください。

     

     

     

     

     

     

     

    #レイキ#REIKI#セルフヒーリング#自己成長

     

    JUGEMテーマ:レイキ・瞑想・ヒーリング