修さんのサウンドヒーリング@下北沢

2019.09.21 Saturday

0

    先日多次元キネシオロジーでお世話になっているニューヨーク在住の修さんのサウンドヒーリングのライブに参加してきた。

    ちょうど多次元キネシオロジーのセミナーが長野水輪開催され、その後のサウンドヒーリングのライブ開催となった。

     

    その日はちょうど大型台風が関東上陸のと重なり、帰りの電車の運行が気にはなったが、帰れなくなったらその時に考えよう、くらいで出かけた。今回は「風の吟遊詩人 スナフキン」と題されいた。サウンドヒーリングのライブは長野で2回、都内で1回、そして今年の3月にハワイのリトリートでも聞き、毎回癒やされていた。今までは屋内、野外といろんな場所で聞いたが、今回はライブ会場っぽい下北沢にあるスタジオで開催された。来場者には多次元キネシオロジー関係の人たちも沢山来ていて、久しぶりに会う人達もいて再会を喜んだ。

     

    修さんは多次元キネシオロジーのインストラクターなのだが、プロのミュージシャンでもある。ギター、ウクレレ、そしてクリスタルボール、その他の楽器を自由に操り、ヒーリングの空間を創造する。単なる「音」「音楽」以上のエネルギー、周波数、波動を何層にも重なり、織りなし、参加者全員をそのエネルギー空間に引き込み、一体化させる、そんか感じだった。

     

    今回は休憩を挟んで2部構成。前半はクリスタルボール、ウクレレを中心に、そして後半はギターの中心の構成になっていた。何曲かは修さんのCDに収録されている曲で聞き覚えがあった。どれも心地良い音色である。

     

    ライブ後は台風の事も気になり、典子さん、修さんと軽く挨拶をして足早にまっすぐ帰った。

     

    典子さん、修さんとハワイリトリートぶりの再会、ちょっとしか話せなかったが再開出来て本当に良かった。

     

    無事自宅には帰れたものの、台風は千葉市に上陸して、とても強い雨風で寝れない程だった。幸い被害はなかったが、同じ千葉市、千葉県では大きな被害、停電、断水した地域があったと後でニュースで知ることになった。

     

     

    JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

    JUGEMテーマ:スピリチャル