ウエサク満月🌕

2019.05.20 Monday

0

    昨日はウエサク満月の日。何も意識していなかったけど、思いがけずイベントフルな1日になった。

     

    先ずは朝から合気道の昇段審査を受けるためにモノレールに乗って審査会場となる道場へ。いつも通っている道場とは違う道場。事情があって今回はこちらの道場で審査を受ける事になった。いつもの道場ではない分ちょっとアウェー感も否めないが仕方がない。最近は審査に合わせて週に4、5回稽古に励んでいた。普段の稽古ではあまり審査用の練習は出来ないので、一緒に審査受けるメンバーで毎回居残りして練習していた。根を詰めて稽古していたせいか、いつも身体のどこかが痛い(笑)。

     

    今回は我々の道場から3名、会場の道場の方が3名、合計6名が審査を受けた。大人の審査の前には子供クラスの審査も行われていた。

     

    審査は一人ずつ、師範(三人)の前で支持された技を披露する。

     

    審査が始まり、2番目に自分の名前が呼ばれた。同じ段の中で一番最初だったので、緊張したが、ここまで来たらやるしかない。普段通りやってるつもりだが、身体が思うように動かず、たまに頭の中が真っ白になって技を忘れたり、ぎこちないシーンが多々あった😅(笑)

     

    今回は普段の徒手の他に、短刀取り、二人掛けがある。段が上がればそれだけ審査の内容も増え、審査時間も長くなる。

    今回は同じ段が3名、その上の段の審査が2名だったので、意外と早めに審査は終了した。しかし同じ段の他の二人の受け(審査は審査を受ける人、その技を受ける人のペアで審査に挑む)を連続してやったので、正直体力的には自分の審査が一番最初で良かった。三人の最後のメンバーは息が上がっていた。

     

    審査は無事終了して、結果は3名皆合格!

     

    審査後は三人で祝杯をあげた!㊗️🍻  たまたま見つけたイタリアン🇮🇹、料理もすごく美味しかった🍝。ビールもワインも最高の美味しかった!🍺🍷

     

     

    夕方はウエサク満月の奉納、祈りの音叉イベント参加。

     

    ちょうど屋久島でリトリートしていた音叉仲間からのお誘いで、みんなで一斉にフィボナッチ音叉を地球繋がって鳴らそう!と言うイベントに参加した。メールのやり取りをしていると屋久島は50年ぶりの大雨、土砂崩れも起こり300名強の登山客が山中で孤立したらしい。後でテレビのニュースを見てびっくり。縄文杉までの山道が土砂崩れや滝のようなって通行できなくなっており、立ち往生する登山客を映していた。だいぶ前だが息子と一緒に行った事ある、見覚えのある山道だった。

     

    そんな屋久島からライブ配信に合わせ一斉にフィボナッチ音叉を鳴らした。ニューヨーク、カナダ、スイス、そして日本各地で賛同して参加してくれた音叉メンバーがフィボナッチ音叉を同時に鳴らした。

     

    動画のスクリーンでは音叉仲間の顔も何人か映っていた。奉納の舞もあり、厳かな、そしてワンネスな雰囲気でイベントは進んだ。参加者全員のエネルギーが一つとなり、地球ともつながり一体感の波動が広がった。

     

    地上に生きる全てのものと、天界がつながるウエサク満月の日、素晴らしいイベントに参加出来て、自分もすっかり浄化された感じになった。

     

     

    日が落ちて、綺麗な満月が見えた。満月の日は意識して眺めるようにしているが、この日は昼間のイベントがあったせいか特別な満月に感じた。

     

    時刻が遅くなると雲で満月が隠れてしまった。深夜になり寝ようとリビングの電気を消すと、外が明るいのに気づき、ベランダに出ると、雲の隙間から満月が綺麗に見れた。

     

    🌕 🙏✨✨✨

     

    フィボナッチ音叉ヒーリングについての詳細、ご予約はこちら

     

    今回昇段審査を受けた仲間
    屋久島でのセレモニーの様子。動画配信画面
    就寝前に雲の合間から見えた満月

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:スピリチャル

    #ウエサク #ウエサク満月 #フィボナッチ音叉 #音叉ヒーリング #fibonacci #tuning forks #full moon #Wesak #屋久島 #合気道 #aikido

     

     

     

    コメント
    コメントする